ストラタス・エッジ・コンピューティング・ベネフィット・カリキュレーター

エッジ コンピューティング プラットフォームは、コストに見合う価値があるのか?Stratus ztC™ Edge プラットフォームを使用することで、お客様の組織が実現できる潜在的な投資収益率、投資回収期間、およびその他のメリットをシミュレーションします。質問に答えて、節約額を計算してみましょう。

ハードウェアとソフトウェアのコスト削減

最近の調査で、Nucleus Researchは、Stratus ztC Edgeデバイスを導入したお客様が、通常はサーバーとPCで構成されているレガシーアーキテクチャを廃止し、パフォーマンスと信頼性を向上させながらコストを削減できたことを明らかにしました。さらに、2台のデバイスを使用して「単一」のシステムを構築する冗長化システムを活用することで、不要なアプリケーションのライセンスコストを排除することができ、ダウンタイムやデータ損失も削減することができました。

ハードウェア
ハードウェアコスト削減による年間利益(米ドル)。
ソフトウェア
ソフトウェアコスト削減による年間利益(米ドル)。

生産性向上

Nucleus社によれば、ztC Edgeを導入した顧客は、開発者の時間と労力を大幅に削減し、システムのダウンタイムを低減することで、製造環境におけるオペレーション技術(OT)の専門家を含むITチームとオペレーションチームの生産性向上を実現しています。また、パフォーマンスが向上しながらもメンテナンスが容易なアーキテクチャにより、システムのアップデートにかかる時間と複雑さが軽減され、管理者の作業時間を月平均8〜15時間削減することができました。

IT生産性
Nucleus社では、ztC Edgeデバイスを導入することで、既存のサーバーインフラを管理・サポートするためのIT部門の直接的な負担が軽減され、ほとんどの場合、現在費やしている時間の90〜100%を削減することができました。
90
IT負荷軽減による年間効果(USドル)。
OTの生産性
ztC Edgeデバイスの使いやすさと管理のしやすさ、そして耐障害性により、運用技術担当者がサーバー管理に費やす時間が平均で25%以上削減されました。
25
OTの生産性向上による年間利益(米ドル)。
従業員の生産性
ztC Edgeを導入したことで、稼働率が向上し、従業員の混乱が軽減されました。 簡単に測定することはできませんが、これまで失われていた従業員の時間を0.5~1%回復させることは、決して無理なことではありません。
0.5
従業員の生産性向上による年間利益(米ドル)。

計画外のダウンタイムの削減

Nucleusによると、Stratus ztC Edgeのお客様は、継続的なメリットとして、多くの場合、予定外のダウンタイムが90%まで減少したことを挙げています。 Stratus ztC Edgeは、フォールトトレラントな冗長化ペアとして動作し、アプリケーションとデータの運用を確保します。システムが障害を検出した場合、システムの安定性を維持するために、ワークロードを積極的にノード間で移行させます。 さらに、ストラタスが提供するクラウドベースのシステムヘルスモニタリングおよび管理サービスにより、ztC Edgeを24時間365日監視することができます。

0.5
計画外のダウンタイム削減による年間利益(米ドル)。

その他のベネフィット

また、Stratus ztC Edgeを導入することで、利益の向上、可視性の向上、管理費の削減などのメリットが得られるかもしれません。

その他の特典の合計(米ドル)。

ハードウエア

ハードウェアコストには、Stratus ztC Edgeプラットフォームの初期費用と継続的な保守費用が含まれます。

内部スタッフ

プロジェクトの人件費には、ストラタスの ztC エッジソリューションの展開に費やされる初期の時間が含まれます。 継続的には、デバイスの管理にかかる時間をプロジェクトのコストに含める必要があります。

初期導入
継続的なサポート
ソフトウェアコスト削減による年間利益(米ドル)。

外部コンサルティングおよび専門サービス

コンサルティングおよびプロフェッショナルサービスは、Stratus ztC Edge の導入の一部としては通常必要ありませんでしたが、発生した場合には以下に記載します。

合計$

財務業績(米ドル

ペイバック期間。
年間のROI。
平均月額ベネフィット
Net Present Valueの略。